基本操作

★基本の持ち方

本体を持つときは、左右の指かけ部に指をかけしっかりと持ちます。
※ボタン操作をする際は片方の手の指を本体「指かけ部」にかけてしっかりと持ち、もう片方の手で操作をしてください。

★台座の使い方

(1)本体の向きを変えたい時(1)本体の向きを変えたい時
ロック解除ボタンを押しながら、本体と台座をしっかり持って、向きを変えてください。

(2)本体を回転させたい時(2)本体を回転させたい時
台座の土台をしっかりと押さえ、回転部分をもう片方の手で持ち、回転させます。

※本体を覗きながら、台座を使用する場合は台座と本体をしっかりと持ち、動かし易いように持つ位置を調整してください。

★アイカップの調節の仕方

アイカップの調節の仕方
接眼部の溝でアイカップの位置調節ができます。

★センサーモード時の操作

センサーモード時の操作センサーモードとは、本体に搭載された3軸磁気方位センサーと3軸加速度センサーによって、本体の向きを上下左右に動かすだけで画面の天体位置を実際の星の方角そのままに表示するモードです。
センサーモードで使用する場合は、本体を両手でしっかり持ちながら、安全な場所で操作してください。
※センサーモード時は電池でのプレイを推奨します。ACアダプター(別売り)使用時は、コードなどに注意してください。
※誤って落としたりすると危険です。本体の指かけ部に指をかけ、手でしっかりと持つようにしてください。

★本体を動かしてみよう!

本体を動かしてみよう!本体を持ったままいろいろな方向を向くと、その方向の星空が表示されます。
※歩きながら遊ぶと危険です。周りに人や物がないことを確認し、人や物にぶつからないように注意してご使用ください。
※本体のモニターを覗いたままで歩いたり、乗り物で移動したりしないでください。

★カーソルモード時の操作

カーソルモード時の操作カーソルモードとは、十字ボタンを使って画面の天体を上下左右に動かすモードです。カーソルモードで使用する場合は、本体を台座にのせ机などの上に置いて使用してください。

センサーモード、カーソルモードの切り替え方について
天体観測中にメニューボタンを押し、「天体観測メニュー」画面でカーソルまたはセンサーを左右ボタンで選択し、○ボタンで決定してください。初期設定はセンサーモードになっています。カーソルモードに切り替えた時は、十字ボタンで操作してください。(商品出荷時はセンサーモードに設定されています。)

いちばんうえにもどる